Dogtraining
Fify&Mimy

2016年03月31日

ジェントルリーダー

 『ジェントルリーダー』を使用してのトレーニング。

 

salie2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
トレーニング道具は、トレーニングをより効果的に行うための補助的な役割。
どんなに優秀な道具でも、効果的な使い方やタイミング、
装着するものに関しては、適切に装着しないと効果が半減します。
それどころか、逆効果にもなり得るのです。
.
『ジェントルリーダー』は、マズルにノーズループを通し、耳のすぐ後ろでネックストラップをとめます。
耳のすぐ後ろでとめるというのがポイントで、子犬の頃に母犬が咥えていた場所が耳のすぐ後ろだったことから、

耳のすぐ後ろを圧迫することで、犬の力が抜け安心感やリラックス効果をもたらすと言われています。
.
興奮度が高く、扱いが難しい犬だけでなく、恐がりでシャイな犬に対しても精神的なリラックス効果がのぞめます。
.
一見、マズルを塞がれているようですが、お口は自由に開きます。
ご飯も食べられるし、ボールも咥えられるし、吠えることだって…(^_^;)
マズルを固定するものではないのです。
とは言え、吠えた時にはマズルに通されたノーズループによって、犬自身が『口を開けて吠えている』と意識させることで、

吠えに対するトレーニングも、しやすくなります。
(無意識に吠えていては行動修正が難しいが、吠えている意識が犬自身にあればアプローチしやすい)
.
そして、力が強い犬でも、その力をコントロールしやすくなります。(散歩の引っ張りなど)
馬の手綱の原理と同じで、マズル部分をコントロールすることで犬の頭の方向を誘導できるため、強い力を加えずに、

犬の体全体のコントロールが可能になります。
.
とは言え、同時に強化トレーニングは必要不可欠です。
サリーちゃんは、プラスアルファ、
『フリーダムノープルハーネス』
も一緒に使いながら、トレーニングを進めたいと思います!

salie1

『はい、ポーズ♡』
.
※ご使用になられる場合は、専門家の指導のもと、正しくお使いください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ドッグトレーニング Fify&Mimy
http://www.fifymimy.com/
TEL:090-7250-4129
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇